「魅力ある、確かな未来を!」

会長 西山憲和

 2016-17年度、伝統ある彦根南ロータリークラブの会長を拝命することになりました。微力ではございますが、クラブのために誠心誠意努めさせていただきます。会員の皆様のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。殊に、今年度は、IMをホストクラブとして開催する年です。この大会を成し遂げるには、皆様のご協力が是非必要です。何卒よろしくお願い申し上げます。
 本年度RI会長、ジョンF・ジャーム氏は、国際ロータリーのテーマを「人類に奉仕するロータリー」Rotary Serving Humanity と提唱されました。
 ロータリーの本質として、人類への奉仕はロータリーの礎であり、主な存在理由となってきました。そこでポールハリスによる奉仕の期待を継承し、行動していく責務が我々にあると、述べています。
 そのテーマを受けて、第2650地区ガバナー、刀根荘兵衛氏は、地区テーマを「夢を語り、現在(いま)を刷新」Review from the future and Renew とされました。
 ロータリーは、グローバル化・多様化の中で、価値観が大きく変化してきております。そこでRIの定款・細則を順守する中、自クラブ主体で運営という方針を受け、彦根南ロータリークラブとして、今年度テーマは、“魅力ある、確かな未来を!” とします。
 長年培われた良き伝統を守り、時代の変化に対応し、多様性を秘めた奉仕活動で、確たる未来を見据え、魅力ある価値あるクラブを目指してまいりたいと思います。これは、地域社会での公共イメージと認知度の向上に貢献できると考えます。

 今年度のクラブの目標として、次の課題を掲げます。

 1. 会員相互の理解を高め、より強い友情を深める
 1. 会員の増強と維持
 1. ロータリー財団への支援強化と地区補助金を奉仕事業に活用と青少年育成奉仕
 1. 戦略計画委員会(仮称)を設置し、クラブの継続性と協力を図る

 さらに、インターアクト委員を地区要請により委員会へ出向及び米山奨学生の受け入れを推進します。

 ロータリーは、奉仕団体ではなく、奉仕する人の団体、奉仕する人を育てる団体であるとされています。すべての奉仕事業計画は、各委員会で十分討議し、意識の高揚を得て実施するようにお願いいたします。
 この一年、会員皆様とともに、楽しみを感じ入ることができる年度とし、来る創立40周年に向けて更なるクラブ発展のため、会員の皆様に少しでも満足していただけますよう努力してまいりますので、ご理解とご支援をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

 
 

2015年〜2016年 川端芳孝会長のあいさつはこちら

 
 

2014年〜2015年 兒島裕明会長のあいさつはこちら

 
 

2013年〜2014年 奥山二三男会長のあいさつはこちら

 
 

2012年〜2013年 廣瀬滋夫会長のあいさつはこちら

 
 

2011年〜2012年 野村郁雄会長のあいさつはこちら

 
 

2010年〜2011年 梅田満壽雄会長のあいさつはこちら

 
 

2009年〜2010年 松宮 一会長のあいさつはこちら

 
 

2008年〜2009年 大橋和夫会長のあいさつはこちら

 
 

2007年〜2008年 木村泰造会長のあいさつはこちら

 
     

©HIKONE-SOUTH ROTARY CLUB All rights reserved.