「ロータリーを考えよう、語ろう、
そして楽しもう」

会長 法村賢仁


2018-19年度 RIバリー・ラシン会長テーマ 「Be the inspiration」
インスピレーションになろう (刺激、創造的なひらめき)

 2018-19年度 RIバリー・ラシン会長は『何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションをクラブや他のRCに与えてください。自分よりも長く後世にも生き続けるものを生み出すために行動を起こす意欲を引き出していきたい。もっと何かをしよう、可能性を最大限に発揮しようというというやる気を引き出しそれぞれのやり方で前進できるよう手助けすることが皆さんの仕事です。』とおっしゃっています。
 又、RI2650地区2018-19年度ガバナー中川基成氏は
「ロータリーに学び、実践し、発信しよう」; enjoy rotary
をテーマに掲げられております。歴史に裏打ちされた世界に広がるロータリーの価値や素晴らしさを正しく理解して社会や世界に対して新しい息吹を吹き込みロータリーを共に楽しんで行きたいということでございます。
 私の現在の心境としましては、浅学非才な私が会長という大役を仰せつかり、大変な重責で任を全うできるか不安な気持ちで一杯でございます。
 当クラブは一昨年の西山会長年年度に会員数が70名に達し滋賀県下2番目の大きなクラブに成長しました。それを引き継いで作今の40周年高木会長年度では40周年記念事業、インターアクトの立ち上げと素晴らしい活動をされました。
 私は歴代の会長のような素晴らしい活動は出来ないかもしれませんが、当クラブが45周年、いや、更なる未来に向かって発展していけるようなメンバー相互の好意と友情を深め合えるような活動ができればと思っております。

 本年度のテーマは
「ロータリーを考えよう、語ろう、そして楽しもう」
とさせていただきました。

 私たちは縁あってこのクラブでたくさんの仲間を得ることができております。ロータリーあったればこそです。私たち一人一人がロータリアンとしてロータリーとは何なのかを考え、それを語り合い、そして大いにロータリーライフを楽しみたいと思います。ロータリーだからこそ実行でき、経験できることを一緒に楽しんでいきたいと考えております。
 又、歴史と文化の街「彦根のほんまもん」に触れ合える機会をも大事にし、青少年とともに学び伝えていきたいと考えております。
彦根南の会員の皆様には、何かとご面倒をおかけするかと思いますが、一生懸命頑張りたいと思っておりますのでご指導ご鞭撻ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 
 

2017年〜2018年 木淳一会長のあいさつはこちら

 
 

2016年〜2017年 西山憲和会長のあいさつはこちら

 
 

2015年〜2016年 川端芳孝会長のあいさつはこちら

 
 

2014年〜2015年 兒島裕明会長のあいさつはこちら

 
 

2013年〜2014年 奥山二三男会長のあいさつはこちら

 
 

2012年〜2013年 廣瀬滋夫会長のあいさつはこちら

 
 

2011年〜2012年 野村郁雄会長のあいさつはこちら

 
 

2010年〜2011年 梅田満壽雄会長のあいさつはこちら

 
 

2009年〜2010年 松宮 一会長のあいさつはこちら

 
 

2008年〜2009年 大橋和夫会長のあいさつはこちら

 
 

2007年〜2008年 木村泰造会長のあいさつはこちら

 
     

©HIKONE-SOUTH ROTARY CLUB All rights reserved.